TOP > 自分のことなど(練習)

カテゴリ:自分のことなど(練習) の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                                                

2009.11.25

忘れられない

Antibes_convert.jpg南仏アンティーブ市、ピカソ美術館の展示/Синявский Борис氏制作/Tungus氏撮影/2007年/

これは 《Learning by Heart》 のおまけ記事です。


学校では、たくさんの「 暗記 」をします。
数式。化学式。年号。名前... etc.
学校を出た後、特に仕事として必要でなくても、
一般常識として役立ったり、生活の中で楽しめる
知識もたくさんあります。
一方で、暗記したものの、以後 日常生活という
表舞台から姿を消す知識もあります。

私の場合、後者で思いつくのは


 ↓ これです。

78d138676c24e00b4c5693062069b2f3.png


2次方程式の " 解の公式 " 。

中学か高校1年で覚えた気がしますが...全く使う場がない割に、なかなかどうして しぶとく記憶に残っています。

自分は、試験前に詰め込んでも、その後はすっきり忘れることが多いのですが...
物理ならまだしも、日常生活において出番皆無の解の公式が、しかも解の公式だけが 何故に忘れられないのか...
全く以て不可解。
おそるべし暗記。

スポンサーサイト
                                                                

2009.09.11

わたしを落としてしまつた話

Theo_van_Doesburg_leaded_glass_composition_VIII.jpg
ステンドグラス コンポジションⅧ/Theo van Doesburg (テオ・ファン・ドースブルフ、1883-1931)/1918-1919/34,5×81,5cm/アムステルダム、ステデリック美術館

以下は、自分を落としてしまつた話 のおまけ記事です。
話を読んで、ある過去の体験を思い出しましたので、真似をして書いてみました。


わたしを落としてしまつた話

或朝 東京メトロ東西線の電車を降りたハヅミに わたしはわたしを落としてしまつた
電氣廣告の前でミント菓子を頰張つたのも― 角を曲がつて來た電車に飛び乘つたのも―
窓をみる餘裕も無いほど車輛が混んでゐたのも―
電車が驛に滑り込み前のレヂーが臨戰態勢に入つたのもハツキリ頭に殘つてゐたのだが
押し出されてから氣がつくとわたしが居なくなつてゐた

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

昨日、東京メトロ東西線の事故がありました。怪我人が無かったのが不幸中の幸いです。
私は学生の頃、東西線を利用していました。
ある日、朝のラッシュ時に押し出されるまま少しずつ降車していたところ、突如目の前が、暗転。
一瞬 何が起こったのか理解できなかったのですが、後続の乗客に頭をカツカツと蹴られて、
どうやら自分が電車とホームの間に落ちたことに気づきました。
降りてくる人々には頭を蹴られ、これから乗る人にはドアの両側から見下ろされ…

―恥ずかしい。可及的速やかに此処から立ち去りたい。消えたい。

その一心で水からプールサイドに上がるようにしてホームにのぼり、走って学校に逃げました。
ホームは思いのほか高いです。落ちることはそうはないかと思いますが、くれぐれもお気をつけ下さい...。

                                                                
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。