TOP > スポンサー広告 > 故郷の記憶
TOP > > 故郷の記憶

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                                                                

2011.01.30

故郷の記憶

Julian_Onderdonk_A_Cloudy_Day_Bluebonnets_near_San_Antonio.jpg
Julian Onderdonk(1882-1922)/《A CLOUDY DAY, BLUEBONNETS NEAR SAN ANTONIO, TEXAS 1918》/カンヴァス・油彩/
テキサス州フォートワース、Amon Carter Museum


故郷の記憶。
ひとのこころに波打つ、やさしい幻。

曇天にけぶる青い花は、テキサス州の州花、ブルーボネットです。
花弁の形が、開拓時代の女性が被っていたボンネット(日よけ帽子)にBluebonnet.jpg
似ているところから、その名が付されました。
背丈は30cm程で、3月から5月にかけて州各所を青く染めます。
テキサスでは、毎年この時期に、家族でこの花を観に行くことが
慣わしになっているそうです。
(右は、アメリカ陸軍工兵司令部により撮影された テキサス
ブルーボネットの写真です)


ブルーボネットの波をこえ、子どもはやがて大人になり。
大きくなった家族は分裂し、各地に散っていきます。
それぞれの新たな繰り返しの中、複雑に織り込まれた記憶の目に ふと顔を出す
あの日のブルーボネット。
その青は、どのブルーボネットとも違う、同時にすべてのブルーボネットに共通する、
あざやかな、やさしい青。

故郷の記憶は、織り帰してゆくうちに無類の色合いとなり、その人をやさしく纏います。
多少ほつれたり、ささくれだっているとしても。
その人だけの持つ、せつなくいとしい幻影に違いないと 思うのです。

                                                                

COMMENT

お久しぶりです。

故郷という絵にキューンとなって
思わずコメントしてしまいました。

私の故郷として残っている
風景は、青じゃないのに、
この心打たれる感じ。

故郷への思いのようなものが
同じなのでしょうか。

それとも、空間の感じが似ているのかな。

しばし思い出に浸ってしまいました。
2011.02.07 | URL | マコ #- [ 編集 ]
マコさん、コメントありがとうございます
こんばんは。お久しぶりです!

私も、自分の故郷のイメージとは全然違うのですが、この絵には、なにか
ノスタルジックな、やさしくせつない印象を持ちます。

心のどこが刺激されているのでしょうか。
不思議です(^-^)

兎尾珈琲店 店員 ginaso
2011.02.07 | URL | 管理人 #- [ 編集 ]
こんにちは
ginasoさん、お元気ですか?
ご無沙汰です☆

子供時代、森を進んで不安な気持ちになった頃、
この青一色が眼前に広がったなら素敵ですよね。
一生忘れない光景になるのでしょう。

誰が何の為にこんなに沢山のブルーボネットを植えたのか…
そんな風に考えると止まらなくなってしまいます(笑)

オレンジ系の田園風景なら、モーリス・ラヴェルの
『亡き王妃のためのパヴァーヌ』が頭の中に流れますが、
このブルーの景色には一体どんな美しい音楽が相応しいのでしょうね。
2011.02.10 | URL | ブミブミ #- [ 編集 ]
こんにちは
ブルーボネットの解説求めたのが運の尽き.

ブルーボネットはマメ科の花でした.
マメ科の植物はイネ科の次に家畜に利用される植物です.
テキサスという土地柄ゆえ,家畜の餌になるかと思ったのですが
園芸的な利用がほとんどみたいです.
テキサスの牛がこの植物を食べるところを想像したかったのですが.
また,Wikipediaのルピナス属には,この属名の由来(推測)が記してあったり…

寄り道ばっかりでした (^_^;

2011.02.12 | URL | cattle #0ENTe5x6 [ 編集 ]
No subject
こんばんは。

ボクは青が好きなので、この絵には惹かれました。
こんな風景が「故郷の記憶」としてあるなんて羨ましいなあ。
ボクの実家は千葉なので全然大切な風景がないのです。
帰ろうと思えばすぐに帰れるし……。

「佐川急便の唄」も面白かったです。
2011.02.12 | URL | 犬塚ケン #JkPZIk6. [ 編集 ]
ブミブミさん、コメントありがとうございます
ブミブミさん、ご無沙汰しております!お元気ですか?
私は(流行にのって?)インフルエンザに感染し、臥しておりました(--;)

> 子供時代、森を進んで不安な気持ちになった頃、
> この青一色が眼前に広がったなら素敵ですよね。
> 一生忘れない光景になるのでしょう。

ああ、素敵な光景ですね…
時が経てばたつほど、心に焼きついた青は鮮やかになっていくのでしょうね。

画家は他にもたくさんのブルーボネットを描いています。
記事の最後に、絵がみられるリンクを貼ろうかまよったのですが、ここにおいておきます(^^)
ttp://texasbluebonnetpainters.com/julian_onderdonk.html

そうですね・・・どんな美しい音楽が相応しいでしょうか。
絵のみをみて想像する音楽。
実際に花に囲まれて過ごした記憶から喚起される音楽。
考えていたら、青い大気や土の匂いがどこぞから蘇ってきました。

ちなみに、モネの作品と「亡き王女のためのパヴァーヌ」を合わせたものが
YouTubeにアップロードされているのですが、0:40秒あたりに、
丁度オレンジの花(ポピーでしょうか?)の絵がありました。
アドレスはこちらです
ttp://www.youtube.com/watch?v=i5X8ZLX161U&feature=related

何度か聴いていて、モネも良いなあ、と思いました。

兎尾珈琲店 店員 ginaso
2011.02.18 | URL | 管理人 #- [ 編集 ]
cattleさん、コメントありがとうございます
こんばんは。

> ブルーボネットの解説求めたのが運の尽き.

そうそう、絵や花に調べていると、だんだん方向が逸れてきて(^^;)
しかし、cattleさんのおかげで、ブルーボネットについて
新しい情報を知ることができました。ありがとうございます。

私が今回の絵を調べていて、行き着いたのはジョージ・ブッシュ大統領の略歴でした。
(彼が大統領のときに、Julian Onderdonkの絵をホワイトハウスに飾っていたらしく、
そこから面白い話があるかなと思って調べていたのですが…。
なにせ素行があまりよろしくなく(笑)結局記事にできませんでした)

兎尾珈琲店 店員 ginaso
2011.02.18 | URL | 管理人 #- [ 編集 ]
犬塚ケンさん、コメントありがとうございます
こんばんは!

私も東京近郊のベッドタウンで育ちました。
それゆえ「故郷の記憶」以前に「故郷」という感覚が薄いです。
強いて言えば、湧き水のでる空き地が近くにあって、そこで花を摘んだり、
ザリガニを取ったりした記憶が「故郷の記憶」でしょうか…。
(そこは、今は埋め立てられて住宅地になってしまったので、永遠に失われた
お気に入りの場所として、心に焼き付いているのです)

> 「佐川急便の唄」も面白かったです。

ケンさんが視聴するなら、もうちょっと格好をつけたものにすればよかったな(笑)
でも、こういうの(MMD)を作る人はすごいなあと、いつも尊敬しています。
今回の作品とどっちを載せるかで迷い、載せなかったのが ↓ こちらです
ttp://www.youtube.com/watch?v=gSBUTcbiaZg (せんとさんとミクの「卓球」)

兎尾珈琲店 店員 ginaso
2011.02.18 | URL | 管理人 #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.05.26 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.29 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.07.30 | | # [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011.08.02 | | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.01.10 | | # [ 編集 ]
管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。